訪れるlandmark

瓢湖&水きん公園

ピーク時には5千羽の白鳥が訪れることも

 

白鳥の渡来地として全国的に有名で、ラムサール条約登録湿地でもある「瓢湖」。昭和29年、故吉川重三郎氏が日本で初めて野生の白鳥の餌付けに成功したことで注目を浴び、その後、国の天然記念物に指定されました。白鳥はロシアのシベリアからやって来ます。毎年10月上旬に第一陣が訪れ、3月下旬まで滞在。11月下旬ころのピーク時には5,000羽を超える白鳥が見られることも。シーズン中は、毎日9時、11時、15時の1日3回、「白鳥おじさん」による餌付けが行われています。「こーい、こーい」の声に白鳥や鴨などの水鳥が集まってくる様子は圧巻です。

 

 

さて、阿賀野市に昼間に来た人がよく言われるのが「白鳥があまりいない」ということ。白鳥は昼間は周辺の田んぼに餌を探しに出かけてしまうのです。白鳥の湖、瓢湖が一番美しいのは、実は日の出頃。朝焼けに染められた五頭連峰をバックに白鳥が飛び立つ様は、とってもビューティフル!

 

 

白鳥を見るなら早朝か夕方がおすすめです。湖畔では、瓢湖観察舎を開設しているので、暖かいところで白鳥見学することが可能です。

 

瓢湖 & 水きん公園

住所
新潟県阿賀野市水原313-1
TEL
0250-62-2690
駐車場
300台
備考
お問合せ:瓢湖管理事務局