トップページ > 歴史探索ウォーキングで開運祈願 > 歴史

歴史探索ウォーキングで開運祈願

歴史

「御館の乱」(おたてのらん)

天正6年1578年3月の上杉謙信急死後、その家督をめぐって兼信の養子である上杉景勝(実父は長尾政景)と上杉景虎(実父は北条氏康)との間で起こった越後の内乱である。
御館とは、上杉謙信が関東管領上杉憲政を迎えた時に、その居館として建設した関東管領館である。
春日山城下に設けられ、後に謙信も政庁として使用した。
上田長尾家当主として長尾顕景を名乗っていた景勝は、天正3年1575年に上杉景勝と改名。

天正8年
1580年
景勝は、武田勝頼に同盟を提案して和議を申し入れた。
天正9年
1581年
越後を二分した内乱は景勝が勝利し、謙信の後継者として上杉家の当主となったが、最後まで抵抗した本庄秀綱や神余親綱らを攻めて最終的に乱が収束したのは、それから1年余り経った。
この乱の恩賞に不満を持ち、新発田重家が反乱(重家の乱)
天正10年
1582年3月
景勝と同盟を結んだ、武田勝頼を柴田派が滅ぼし中越三口の攻撃が開始された。
三国峠口(滝川一益)・越中口(柴田勝家、左々成政)・信濃口(森長可)
天正10年
1582年6月2日
本能寺の変が勃発で三口を攻めていた柴田派が撤退。
天正10年
1582年8月20日
三条城に景勝入城、秋に春日山城に帰還。
天正11年
1583年8月
景勝も新発田攻めを開始。
天正11年
1583年9月25日
放生橋の戦(水原満家)討ち死に。
天正12年
1584年8月18日
水原城を攻撃 藤田能登守、島津左京亮、安田上総介、河田摂津守(下条駿河守)、直江山城守(兼続)が交代で、八千兵で攻めた。
各地に城盤(鉢盛城と折居城)を築いて11月16日春日山城に帰陣した。
天正13年
1585年6月
景勝は、6500人の軍で新発田を包囲したのみで撤退。
笹岡城衆の酒井、黒金、唐沢は、大室で新発田方の水原衆と戦う。
天正13年
1585年9月2日
景勝は、水原城を取戻す。
天正14年
1586年
水原満家の遺領を継ぎ、大関弥七が水原常陸介親憲と改名。水原城に入る。
以後、水原鉄砲隊を率いる。
天正15年
1587年8月14日
会津の芦名氏からの兵糧を絶つために赤谷城を陥落。この三日前に駐留した時の清水が有り景勝清水と命名され今も在ります。
天正15年
1587年10月13日
景勝は、五十公野城を見下ろす高地に直江山城守(兼続)泉沢内守、藤田能登守より攻撃五十公野城陥落。
天正15年
1587年10月25日
夜半、町屋に直江山城守の指示で放火、新発田城陥落。

笹神史

1578年 千坂氏の鉢盛城は今井氏により落城 ⇒ 千坂氏が今井氏の笹岡城を奪回し、今井氏を討つ
1581年 この年より折居城を見張城とし、鉢盛城も敵側から見えないように軍備を整えたと思われる。

京ケ瀬史

駒林村に要害館と山口村に下条館を所有していた下条駿府守に対して直江兼続が追悼として「紺紙金泥金剛般若波羅密経一巻」と枳木一斤(香木)、方金千疋(二両半)を下条駿府守の菩提寺である駒林村の養廣寺へ寄付されています。

お寺

千坂景親 ⇒山浦氏の配下で上杉家の高級官僚で外交役。
水原親憲(水原城主)⇒猪苗代城代 5500石
下条忠親(下条城主)⇒二本松城代 4700石
安田長秀(安田城主)⇒米沢    2500石 直江兼続配下

「菖蒲城物語」北方博物観、笹神史、京ヶ瀬史、水原史より